めざせプチ金持ち 投資日記

金持ちまでならなくていいから、小金持ちになりたい私の、投資奮闘日記です 株をはじめ、投資と言われるものについてスポットを当てていきます。 株は短期トレード中心で、新興市場銘柄、中小型株が多いです。

タグ:株

連休明けの日経平均は大幅上昇。

思ったより強い動きでしたが25日線は抜けられなかったので、

まぁ想定の範囲内でしょうか。

セオリー通りになら25日線に抑えられて一旦一服、

そして暫く29,000円どころで揉み合いになる感じかな。

マザーズは大幅下落で下抜けてるのでこの辺は厳しそう。

来週の決算一巡までこんな動きになるのではと予想。

※日記中にある銘柄等は、
利用しているサイト
メルマガ
許可を得て記載しております。

●本日の取引 ・・・カッコ内は株数です。
・買い銘柄
ウイルコホールディングス (7831) 220(7000)
セキド (9878) 1,950(800)
スクロール (8005) 1,060(1400)

・売り銘柄
なし

・持越し
ウイルコホールディングス (7831) 256 220(7000) +252,000(+16.36%)
セキド (9878) 2,162 1,950(800) +169,600(+10.87%)
スクロール (8005) 1,092 1,060(1400) +44,800(+3.02%)


ウイルコ、セキドが動いていたので再乗り。
スクロールは朝高くて乗れませんでしたが、
押し目ポイントということで昼から乗り。
材料株の物色がもう少し広がってくれれば良いんですが。


持越評価額 +466,400
本日の収支 +0

04月の利益 +3,138,400
03月の利益 +3,319,000
02月の利益 +2,780,600
01月の利益 +3,484,300
12月の利益 +6,199,700
11月の利益 +5,751,200
10月の利益 +2,805,700
09月の利益 +3,197,700
08月の利益 +3,518,900
07月の利益 +3,880,600
06月の利益 +5,732,200
05月の利益 +2,594,000
04月の利益 +4,854,000

2021年の収支 +12,596,300
2020年の収支 +51,611,100
2019年の収支 +46,787,500
2018年の収支 +31,647,500
2017年の収支 +27,512,540
2016年の収支 +26,507,750
2015年の収支 +26,001,200
2014年の収支 +26,394,900
2013年の収支 +27,695,400
2012年の収支 +13,589,200
2011年の収支 +13,140,400
2010年の収支 +11,129,000
2009年の収支 +4,779,000
2008年の収支 +5,863,365

利益累計 +325,384,855円(2007/5/21から)

以下の記載はあくまで基本方針です。

相場の状況に応じて変化させてます。


1.買い

事前に注目している銘柄のうち注目していく順位をつけて、
順位の高い銘柄を寄り付き購入を考慮して監視します。
寄り付きが高くなりそうだなと思ったら、その銘柄は9時半前後に回し、
2番目に注目する銘柄を寄り付き購入候補に繰り上げます。


(1)寄り付き

前日比変わらずや安いスタートの銘柄は、寄り付きあたりで買いが基本です。

買い先行銘柄は、メイン1銘柄集中しながら前日比+3%くらいまでなら買い。

ただ、地合いが悪く、無理をしない方針にしている場合はスルーも考慮します。

また、高値掴みを回避するため成行注文はしません。

指値で買えなければ、朝方の1回転後の9時半前後の購入に切りかえます。
寄り直後は意外と難しいので重要視してません。

朝方の1回転後を狙いに据えたほうが効率がいいです。
寄り付きからズンズン上がってしまう銘柄もありますが、それはそれとして諦めます。


(2)9時半前後(9:15~9:40)
寄り直後の買いが一旦終了して利益確定売りに押される場面。
寄値より安かったり、買いやすいと思うところまで下がってきたらここで買い。

また、寄り付き&寄り付き直後にから急騰してしまった銘柄は、
9時半頃に落ちてきたとしても基本スルー。

朝の急騰で上昇終了となってしまうことがあるためです。


(3)13時頃と14時過ぎ

この時間帯も変化ポイントですので銘柄の動きを見たりしますが、あまり重要ではありません。
欲しい銘柄が安くなっていたり、、押し目が狙えそうなら程度で。



2.売り


(1)基本

+5%の利益確保した時点で利確するタイミングを計ります。
相場や銘柄の状況が良ければ上値追いを考えます。


(2)ロスカット切り上げ
さっさと売りたい場面なら利確優先します。
相場や銘柄が右肩上がり、まだ期待できそうならロスカットラインを買値に設定します。
これでこの銘柄での負けは無くなります。


(3)持ち越し(上値追い)

右肩上がり、ストップ高銘柄など上値追いをする場合は、
「買値+5%」、「前日安値」、前日急騰していたら「上昇幅の半値水準」のいずれかの
もっとも高い値を逆指値設定し、利確ラインを切り上げていきます。


3.塩漬けはしない

塩漬けは絶対にしません。

塩漬けした分の資金が拘束されますので買い余力が減り、

以後欲しい銘柄が買えない可能性が出てきます。

その銘柄の損益だけでなく、時間的な損失にもつながりますので塩漬けはしません。


ダメならダメでさっさと処分し、次のチャンスを待ってがんばります。
特に小型株や新興市場の銘柄は、株価が戻ってくる保障はありません。

あとは、いつまでも大きな損失がある銘柄を保有していると精神的にきついです・・・



4.ストレス無い運用方法

運用ルールを細かく設定していけば、それだけ対応できる状況が増えますが、
ルールが複雑になればそれだけ運用に負担が掛かります。

自分の管理できる範疇を超えてくると、かえってそれはマイナスですので、
大雑把にルールを決めて、運用パターンを追加したいなと思った時に

都度検討していくのが良いのではないでしょうか。



5.最後に

私は臆病な性格&新興銘柄メインなので、利確優先寄りのルール設定です。
絶対こうしなければいけないというガチガチなルールではなく、

基本方針という形で決めていくとストレスが無いやり方だと考えます。

基本ルールを決めておくと、迷った時にルールに従うという指標ができます。
これだけでも、行き当たりばったりやってるのと随分違いますので、

ご参考になれば幸いです


※日記中にある銘柄等は、
かぶさくら
メルマガ
許可を得て記載しております。

メッセージやメール等でお問い合わせが多いので、
よくあるご質問をまとめさせて頂きました。



・ベストな買い方ってどうやるの?(これが圧倒的に多いですw)
・9時半買いって?


ベストな方法ってわけではありませんが、9時半購入はベターな買い方だと考えてます。
迷うのは始値が+3%~+6%くらいの、乗りたいけど乗るには高いなぁという銘柄だと思います。


9時半購入というのは、朝方の買いが一回転する9:15~9:40くらいに、
一旦売られて寄り付きより安い場面を拾っていこうという買い方です。


もちろん寄り付きからズンズン上がってしまう銘柄もありますが、
それは仕方無いのでスルーします。


意外と9時半前後に始値より安くて買いやすい値を付けることが多いですよ!


注意点は、寄り付きから10%以上とか暴騰した銘柄は、原則スルーとしてます。
寄り付きの段階で上昇が終了してしまってる可能性があるためです。


状況に応じて、寄り後3割、9時半前後7割の分散購入を行ってます。
ただし朝の寄値での成買いはしません。
成行買いだと思わぬ高値を掴んでしまう可能性がありますので・・・




・利確(ロスカットライン)の切り上げ方


これは難しいです。私もまだ試行錯誤してます。
超短期急騰銘柄とジリ高展開銘柄だとやり方も変わってきますからね。


あくまで私の場合ですが、
超短期狙いは利益確定優先です。
右肩上がりやストップ高になれば持ち越しとなりますが、
一気に上方に飛び出して高値で伸び悩んできたかな・・・と思ったら利確してます。
もちろん、利確後にさらに上昇することもありますが、それも結果論ってことでw
ベストよりベター狙いですね!


ジリ高展開なら、前日の安値を利確ラインに設定し、前日安値を下回るまで上値を追います。
なお、前日の上昇幅が大きい場合(+7%以上くらい)は、
前日の終値の半値あたりに設定する場合もあります。
これは、上値追いをやや優先するか、利確をやや優先するかの違いですね。




・ロスカットって設定必要?


ロスカットは設定したほうが良いと思います。

所謂、最大損失のリスクが管理できることになるわけですから。

ロスカットで処分した後にその銘柄が上昇することもありますが、
それは結果論ですので、気にしちゃダメですw

逆に、ロスカットして良かったと思うことも多いはずですから。

逆指値でロスカットを設定しておけば、
購入以降は逆指値の値を動かすだけで利確ラインも設定できます。
運用も楽だと思います。




・塩漬けってダメなの?


ダメかどうかはわかりませんが、精神的にきつくないですか・・・?

特に私は新興銘柄や小型株も多いので、塩漬けは致命傷になりかねません。
私は買う銘柄に思い入れは無いので、ダメならさっさと切って
次の銘柄乗る資金に回します。


あとは精神衛生上、大きな含み損のあるポートフォリオをいつまでも残したくないwww




・投資資金が少額しかないけど、株できますか?


以下、あくまで私の考えです。

100万円以下だと結構厳しい気がします・・・。
ミニ株とかプチ株とかeワラントとか小額でも出来るものもありますが、
ルールが違ったり制約も多いので、これはこれでかえって難しい気がしますし。


よく株式投資は500万円は欲しいって聞きますが、確かにそう思いますね。
全力買いは危険だから4割は残すとして、残りの300万円あればそれなりに自由に運用できますね。


サブプライムやリーマンショックを経験した身としては、
全力買いがこれほど恐ろしいことはありません。
私は現物のみでしたからまだいいですが、信用使ってたらと思うと恐ろしくなります。


・・・とにかく、常に余剰を作り出せる、色々な銘柄を分散購入できる点から
資金は多ければ多いほど余裕を持って自由に運用ができます。
物理的にも精神的にも、資金が多いと圧倒的に有利だと思います。



※日記中にある銘柄等は、
利用している情報サイト(http://www.kabusaku.com/)
利用しているメルマガ(http://www.mag2.com/m/0001603034.html)
許可を得て記載しております。

強い相場になる理由が無かったので予想通りと言えますが、

横ばい維持できずに右肩下がりで大幅下落。

日経平均のチャートは自律反発で25日線まで戻って

5日線を抵抗に再下落開始のような格好で、

あるい意味綺麗な調声相場を示しているので気を付けたいです。

それにしても今年は月末と週末が重なるとホントに弱いですね。

今月は連休が加わってることもあるでしょうが・・・

※日記中にある銘柄等は、
利用しているサイト
メルマガ
許可を得て記載しております。

●本日の取引 ・・・カッコ内は株数です。
・買い銘柄
ウイルコホールディングス (7831) 210(7100)
ケイティケイ (3035) 474(3200)

・売り銘柄
ウイルコホールディングス (7831) 238 210(7100) +198,800(+13.33%)
ケイティケイ (3035) 480 474(3200) +19,200(+1.27%)

・持越し
なし


噴いたウィルコに飛び乗って速攻利確。
KTKも連動するかなと思ったけど、
こっちはそこまで動かなかったです。
元から連休持越しはしない方針なので他は特になし。


持越評価額 +0
本日の収支 +218,000

04月の利益 +3,138,400
03月の利益 +3,319,000
02月の利益 +2,780,600
01月の利益 +3,484,300
12月の利益 +6,199,700
11月の利益 +5,751,200
10月の利益 +2,805,700
09月の利益 +3,197,700
08月の利益 +3,518,900
07月の利益 +3,880,600
06月の利益 +5,732,200
05月の利益 +2,594,000
04月の利益 +4,854,000

2021年の収支 +12,596,300
2020年の収支 +51,611,100
2019年の収支 +46,787,500
2018年の収支 +31,647,500
2017年の収支 +27,512,540
2016年の収支 +26,507,750
2015年の収支 +26,001,200
2014年の収支 +26,394,900
2013年の収支 +27,695,400
2012年の収支 +13,589,200
2011年の収支 +13,140,400
2010年の収支 +11,129,000
2009年の収支 +4,779,000
2008年の収支 +5,863,365

利益累計 +325,384,855円(2007/5/21から)

以下の記載はあくまで基本方針です。

相場の状況に応じて変化させてます。


1.買い

事前に注目している銘柄のうち注目していく順位をつけて、
順位の高い銘柄を寄り付き購入を考慮して監視します。
寄り付きが高くなりそうだなと思ったら、その銘柄は9時半前後に回し、
2番目に注目する銘柄を寄り付き購入候補に繰り上げます。


(1)寄り付き

前日比変わらずや安いスタートの銘柄は、寄り付きあたりで買いが基本です。

買い先行銘柄は、メイン1銘柄集中しながら前日比+3%くらいまでなら買い。

ただ、地合いが悪く、無理をしない方針にしている場合はスルーも考慮します。

また、高値掴みを回避するため成行注文はしません。

指値で買えなければ、朝方の1回転後の9時半前後の購入に切りかえます。
寄り直後は意外と難しいので重要視してません。

朝方の1回転後を狙いに据えたほうが効率がいいです。
寄り付きからズンズン上がってしまう銘柄もありますが、それはそれとして諦めます。


(2)9時半前後(9:15~9:40)
寄り直後の買いが一旦終了して利益確定売りに押される場面。
寄値より安かったり、買いやすいと思うところまで下がってきたらここで買い。

また、寄り付き&寄り付き直後にから急騰してしまった銘柄は、
9時半頃に落ちてきたとしても基本スルー。

朝の急騰で上昇終了となってしまうことがあるためです。


(3)13時頃と14時過ぎ

この時間帯も変化ポイントですので銘柄の動きを見たりしますが、あまり重要ではありません。
欲しい銘柄が安くなっていたり、、押し目が狙えそうなら程度で。



2.売り


(1)基本

+5%の利益確保した時点で利確するタイミングを計ります。
相場や銘柄の状況が良ければ上値追いを考えます。


(2)ロスカット切り上げ
さっさと売りたい場面なら利確優先します。
相場や銘柄が右肩上がり、まだ期待できそうならロスカットラインを買値に設定します。
これでこの銘柄での負けは無くなります。


(3)持ち越し(上値追い)

右肩上がり、ストップ高銘柄など上値追いをする場合は、
「買値+5%」、「前日安値」、前日急騰していたら「上昇幅の半値水準」のいずれかの
もっとも高い値を逆指値設定し、利確ラインを切り上げていきます。


3.塩漬けはしない

塩漬けは絶対にしません。

塩漬けした分の資金が拘束されますので買い余力が減り、

以後欲しい銘柄が買えない可能性が出てきます。

その銘柄の損益だけでなく、時間的な損失にもつながりますので塩漬けはしません。


ダメならダメでさっさと処分し、次のチャンスを待ってがんばります。
特に小型株や新興市場の銘柄は、株価が戻ってくる保障はありません。

あとは、いつまでも大きな損失がある銘柄を保有していると精神的にきついです・・・



4.ストレス無い運用方法

運用ルールを細かく設定していけば、それだけ対応できる状況が増えますが、
ルールが複雑になればそれだけ運用に負担が掛かります。

自分の管理できる範疇を超えてくると、かえってそれはマイナスですので、
大雑把にルールを決めて、運用パターンを追加したいなと思った時に

都度検討していくのが良いのではないでしょうか。



5.最後に

私は臆病な性格&新興銘柄メインなので、利確優先寄りのルール設定です。
絶対こうしなければいけないというガチガチなルールではなく、

基本方針という形で決めていくとストレスが無いやり方だと考えます。

基本ルールを決めておくと、迷った時にルールに従うという指標ができます。
これだけでも、行き当たりばったりやってるのと随分違いますので、

ご参考になれば幸いです

※日記中にある銘柄等は、
かぶさくら
メルマガ
許可を得て記載しております。

↑このページのトップヘ