めざせプチ金持ち 投資日記

金持ちまでならなくていいから、小金持ちになりたい私の、投資奮闘日記です 株をはじめ、投資と言われるものについてスポットを当てていきます。 株は短期トレード中心で、新興市場銘柄、中小型株が多いです。

タグ:塩漬け

以下の記載はあくまで基本方針です。
相場の状況に応じて変化させてます。

1.買い
事前に注目している銘柄の購入優先順位付けを行い、
順位の高い銘柄から購入を考慮して監視します。
高順位の銘柄の寄り付きが非常に高くなりそう、
または逆に安くなりそう、出来高が少なかったりなど、
取引が難しいそうだと感じた場合は、
その銘柄は優先順位を落として、
2番目の銘柄を購入候補に繰り上げます。


(1)寄り付き
前日比変わらずや安いスタートの銘柄は、寄付きあたりでの買いが基本です。
また飛び乗りのスキャルピング、デイ回し狙いの場合も
朝方の買いが基本になります。

買い先行銘柄は、メイン1銘柄集中しながら前日比+3%くらいまでなら買い。
ただ地合いが悪く、無理をしない方針にしている場合はスルーも考慮します。
逆に相場が好調だったり、買いを優先した場合は、
+5%くらいまで買いの基準を引き上げます。

また思わぬ高値掴みを回避するため成行注文は行いません。
指値で買えなければ、朝方の1回転後の9時半前後の購入に切りかえます。


(2)9時半前後(9:15~9:40)
寄り直後の買いが一旦終了して利益確定売りに押される場面。
寄値より安かったり、買いやすいと思うところまで下がってきたらここで買い。

また、寄付き&寄付き直後にから急騰してしまった銘柄は、
9時半頃に落ちてきたとしても基本スルー。
朝の急騰で上昇終了となってしまうことがあるためです。


(3)13時頃と14時過ぎ
この時間帯も変化ポイントですので銘柄の動きを見たりしますが、
あまり重要視はしてません。
欲しい銘柄が安くなっていたりなど特別な場合のみです。


2.売り
(1)基本
+5%の利益確保した時点で利確するタイミングを計ります。
相場や銘柄の状況が良ければ上値追いを考え、
逆指値を切り上げながら対処します。

また週末、連休前、祝日前、大きなイベント前などは
基本的に利益確定&処分を進めて、
ポジションをフラットにします。

何らかのネガティブサプライズが起こっても
週末や連休をヤキモキせずに過ごすことができて
精神的に楽なためです。

ポジティブサプライズが起こった場合は少々損になりますが、
多少効率が悪くなっても後乗りして稼げばOKと考えます。
それよりも、リーマンショック&サブプライムショックを
経験した身としては、ネガティブサプライズが起こって
あの冷や汗が出るような感覚だけは回避したいです(苦笑)


(2)ロスカット切り上げ
さっさと売りたい場面なら利確優先します。
特に週末、連休、日米大きなイベント前などは特に処分を優先します。
相場や銘柄が右肩上がり、まだ期待できそうなら
ロスカットラインを買値まで引き上げます。
この時点で負けはなくなります。


(3)持ち越し(上値追い)
右肩上がり、ストップ高銘柄など上値追いをする場合は、
「買値+5%」、「前日安値」、前日急騰していたら「上昇幅の半値水準」のいずれかの
もっとも高い値を逆指値設定し、利確ラインを切り上げていきます。
ただ神経質な相場だったり、値動きが激しい銘柄だったりする場合は、
利益確定を優先する方向で考えてます。


3.塩漬けはしない
私は塩漬けは絶対にしないようにしてます。
購入と同時に逆指値でロスカットラインを決めてますので、
塩漬けという状態にはなりません。

塩漬けを行うと、その分の資金が拘束されますので買い余力が減り、
以後欲しい銘柄が買えない可能性が出てきます。
塩漬け銘柄の物理的な損失だけでなく、
時間的な損失にもつながりかねないというのが主な理由です。

簡単に言ってしまうと
「ダメならダメでさっさと処分し、次のチャンスでがんろう!」
です。

特に小型株や新興市場の銘柄は、株価が戻ってくる保障はありません。
また、いつまでも大きな損失がある銘柄を保有していると
精神的に厳しいですし、その後の取引の精神にも影響しかねません。

購入と同時に機械的にロスカットラインを決めてしまえば、
下手に迷うことが少ないですし、
何より精神的な負担が非常に減ります。



4.ストレス無い運用方法
運用ルールを細かく設定していけば、それだけ対応できる状況が増えますが、
ルールが複雑になればそれだけ運用に負担が掛かります。

自分の管理できる範疇を超えてくると、かえってそれはマイナスですので、
大雑把にルールを決めて、運用パターンを追加したいなと思った時に
都度検討していくのが良いと考えてます。


5.最後に
私は臆病な性格&新興銘柄メインなので、利確優先寄りのルール設定です。

絶対こうしなければいけないというガチガチなルールではなく、
基本方針という形で決めていくとストレスが無いやり方だと考えます。

基本ルールを決めておくと、迷った時にルールに従うという指標ができます。
これだけでも、行き当たりばったりやってるのと随分違いますので、
ご参考になれば幸いです


※日記中にある取引銘柄等は、
以下の銘柄配信サイトを参考にしており、
本ブログに掲載する許可を得ております。
ks_logo


↓よろしければ支援お願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



M2スタジオ coconala

以下の記載はあくまで基本方針です。

相場の状況に応じて変化させてます。


1.買い

事前に注目している銘柄のうち注目していく順位をつけて、
順位の高い銘柄を寄り付き購入を考慮して監視します。
寄り付きが高くなりそうだなと思ったら、その銘柄は9時半前後に回し、
2番目に注目する銘柄を寄り付き購入候補に繰り上げます。


(1)寄り付き

前日比変わらずや安いスタートの銘柄は、寄り付きあたりで買いが基本です。

買い先行銘柄は、メイン1銘柄集中しながら前日比+3%くらいまでなら買い。

ただ、地合いが悪く、無理をしない方針にしている場合はスルーも考慮します。

また、高値掴みを回避するため成行注文はしません。

指値で買えなければ、朝方の1回転後の9時半前後の購入に切りかえます。
寄り直後は意外と難しいので重要視してません。

朝方の1回転後を狙いに据えたほうが効率がいいです。
寄り付きからズンズン上がってしまう銘柄もありますが、それはそれとして諦めます。


(2)9時半前後(9:15~9:40)
寄り直後の買いが一旦終了して利益確定売りに押される場面。
寄値より安かったり、買いやすいと思うところまで下がってきたらここで買い。

また、寄り付き&寄り付き直後にから急騰してしまった銘柄は、
9時半頃に落ちてきたとしても基本スルー。

朝の急騰で上昇終了となってしまうことがあるためです。


(3)13時頃と14時過ぎ

この時間帯も変化ポイントですので銘柄の動きを見たりしますが、あまり重要ではありません。
欲しい銘柄が安くなっていたり、、押し目が狙えそうなら程度で。



2.売り


(1)基本

+5%の利益確保した時点で利確するタイミングを計ります。
相場や銘柄の状況が良ければ上値追いを考えます。


(2)ロスカット切り上げ
さっさと売りたい場面なら利確優先します。
相場や銘柄が右肩上がり、まだ期待できそうならロスカットラインを買値に設定します。
これでこの銘柄での負けは無くなります。


(3)持ち越し(上値追い)

右肩上がり、ストップ高銘柄など上値追いをする場合は、
「買値+5%」、「前日安値」、前日急騰していたら「上昇幅の半値水準」のいずれかの
もっとも高い値を逆指値設定し、利確ラインを切り上げていきます。


3.塩漬けはしない

塩漬けは絶対にしません。

塩漬けした分の資金が拘束されますので買い余力が減り、

以後欲しい銘柄が買えない可能性が出てきます。

その銘柄の損益だけでなく、時間的な損失にもつながりますので塩漬けはしません。


ダメならダメでさっさと処分し、次のチャンスを待ってがんばります。
特に小型株や新興市場の銘柄は、株価が戻ってくる保障はありません。

あとは、いつまでも大きな損失がある銘柄を保有していると精神的にきついです・・・



4.ストレス無い運用方法

運用ルールを細かく設定していけば、それだけ対応できる状況が増えますが、
ルールが複雑になればそれだけ運用に負担が掛かります。

自分の管理できる範疇を超えてくると、かえってそれはマイナスですので、
大雑把にルールを決めて、運用パターンを追加したいなと思った時に

都度検討していくのが良いのではないでしょうか。



5.最後に

私は臆病な性格&新興銘柄メインなので、利確優先寄りのルール設定です。
絶対こうしなければいけないというガチガチなルールではなく、

基本方針という形で決めていくとストレスが無いやり方だと考えます。

基本ルールを決めておくと、迷った時にルールに従うという指標ができます。
これだけでも、行き当たりばったりやってるのと随分違いますので、

ご参考になれば幸いです

↑このページのトップヘ